簡単操作 フィジオツールはわずか3ステップで必要なハンドアウト(配布用印刷物)を作成することができます。ソフトウェアにはライブラリーと呼ばれる図と説明文があらかじめ登録されてあり、それらを画面上で選択し【ステップ1】、アドバイス(文章)に編集を加え【ステップ2】、印刷アイコンをクリックする【ステップ3】だけで、ハンドアウトが完成します。パソコンの操作に不慣れな方でも、すぐに手順を覚えることができます。
プロフェッショナル フィジオツールのライブラリーに含まれているアドバイス(デフォルトテキスト)はすべてが専門家による適切な内容です。必要な内容を即座に提供できることが最大のメリットです。
オリジナリティ フィジオツールのライブラリーに含まれているアドバイスは自由に変更し、初期表示として登録させることもできます。ユーザーのポリシーに合わせて、あなただけのアドバイスを登録させることが可能です。
ユーザーアイテム フィジオツールのライブラリーに数多くのアイテムが登録されていますが、ユーザーオリジナルのアイテムを追加することもできます。デジタルカメラの画像やスキャナを使い写真を取り込みハンドアウトに利用することもできます。世界にひとつだけのオリジナルアイテムこそが、あなたができる、その患者様だけに必要なアイテムと言えるかもしれません。
ライセンスシステム 同一施設内などでの複数のフィジオツールを御利用になる場合には、ライセンス購入システムがあります。ひとつのソフトウェア商品パッケージと追加ライセンスを御求めになると、同時に多くの方がハンドアウトの作成を行うことができます。
また、ネットワークにも対応しているので、より効率的な利用も可能となります。