トップページ>バランスセラピー
バランスセラピー用品
■ジムトップ
■バランコ
GymTopジムトップ
ジムトップはバランス感覚、調整力、筋力調節などのトレーニング利用する特別な機器です。バランスボードのようなジムトップを前後左右にコントロールすると、ターゲットが連動して移動します。モニター上に表示されるポイントに到達するように、ジムトップをコントロールします。ジムトップはパソコンのUSBポートの接続するだけで即座に利用することができます。専用ソフトウェアが同梱されているので、どのような場所でも御利用になれます。

ジムトップは運動制御の活性向上に貢献するので、ユーザーは移動や回転を伴う運動を会得することができます。また、動作に対する習熟度を定量的に観測し、記録することができます。ユーザーは自己のアンバランスを認識するだけではなく、アンバランスの解消を目指す積極的な行動が求められるため、視覚・聴覚・触覚などの受容器を動員することにより効果的な改善が見込まれます。

ジムトップは理学療法・作業療法などのリハビリテーション領域に加え、スポーツパフォーマンスの追及や子供たちのエクササイズなどのあらゆる身体活動の活性化に貢献します。

【仕様】
ジムトップバランスボード
直径400mm×高さ80mm(水平時)最大荷重120kgまで
【動作要件】
Windows2000またはXP
800MHz以上のCPU、128MB以上のメインメモリ、ハードディスクに100MB以上の空き容量、DirectX8以上、CD-ROMドライブ、USB(2.0または1.1)ポート×1
ジムトップにはパソコンは含まれておりません。別途上記の要件を満たすパソコンを御用意ください。



ジムトップを利用して、座位や上肢のコントロール訓練も行えます。

13種類のエクササイズモードでレベルに合わせてバランストレーニングを行います。

バランコ(Balanco)は、ドイツで開発された商品でヨーロッパ、アメリカ等、世界各国で販売されています。バランコは楽しみながらバランス運動を行い身体のバランス機能を改善し健康を維持、強化する目的で作られました。
今までのバランス運動器具と違う点は単なる上体のバランス運動器具ではなく、幼児から高齢者まで全ての人が、ゲーム感覚で楽しんで運動を行えるよう工夫されています。また今までの器具は主として上体バランス運動のみに使用されていましたが、バランコは上体バランス運動、下肢運動(足関節、四頭筋運動等)、上肢運動(巧緻訓練等)にも使用できる様、軽くて丈夫な構造に作られています。バランコはリハビリテーション、スポーツ・トレーニング(特にスノーボード、サーフィン、スキー、体操等)、高齢者の運動遊具(転倒防止の訓練等)、幼児発達訓練、レクリェーション(保育、学校、介護老人保健施設、デイケア施設)等、様々な分野、目的に合わせて使用できます。



24,000円

バランコのプレートについて
バランコは簡単に交換のできる色々なプレートが付属され異なった運動が行え、それぞれの訓練、運動の目的にあわせて選択できます。
3種類のプレートがそれぞれのセットに含まれており、バランコシステムの心臓と言えます。これらは楽しみながら個々のスポーツトレーニング、リハビリテーション、レクリェーション遊具等に使用できます。


・迷路プレート(赤色プレート)

迷路プレートは使用者がスピードの変化に応じて、体重を移行しながら安定した回転動作を行う事を必要とします。この運動はゴムボールを中心から外側に又逆方向に通路にそって動かす事です。この運動は左右、前方後方の動作のバランス運動が必要です。それによって、コントロール機能、空間的適応、平衡感覚やエネルギーの応用をコントロールする能力を改善します。
・8の字プレート(青色プレート)
8の字プレートは、ゴムボールを8の字に動かすだけでなく中央の交わる点で一度止め方向変換する運動をします。この運動は方向を変換する為、脳の相互作用を必要とします。特に精神的運動コントロールのトレーニングや運動機能面が重要となります。ボールが通路上、特に8の字プレートのループが交わる点で留まる為には、スピード調整と左右の平衡感覚が必要です。
・マウスゲーム
上記の2種の溝状運動と違って、マウスゲームとバスケットボールゲームは使用者が自由にマウスあるいはボールを特定の目標に動かせる様に設計されています。マウスゲームは、マウスをチーズ(目標)に移動させるのみのゲームですので、あまり難しくはありませんが三角形、四角形そして円形の三つのブロックがマウスをチーズ(目標)まで到達させる事を難しくしています。このプレートはバランス運動のみならず認識機能の改善に役立ちます。
・バスケットボールゲーム
バスケットボールゲームは使用者がボールを3つのバスケットの目標に自由に動かせる様、設計されています。しかし3つのボールをバスケットに集めるのは非常に難しいです。また難しさの程度もバスケットの形によって違います。この運動は3つボールをバスケットに入れる時間を争ったりすることにより競争意識を高めます。ボールを2個あるいは1個に減らす事で、個々の能力に合わせたボールの数で難度を下げる事ができます。

バランスの大切さ
一言でバランスと言われますが、私たちが日常、歩いたり、立ち止まったり、椅子に座ったり、自転車に乗ったり、スポーツをしたりと色々な動作を行っていますが、全て手、足、胴体、頭、頚椎、脊椎、関節、目、耳、その他、からだの色々な機能が働いてバランスを取っています。たとえば両手を広げ片足立ちをします。目を開いた上体では余りふらつきませんが、この状態で目を閉じて下さい。たちまち、ふらついてしまいます。目を開ける事でバランスを取っていた事がわかります。他にもバランスを取る為にたくさんの体の機能が働いています。私たちが日常生活を行う上でバランスは非常に大切な物です。近年、日本は高齢化社会を迎え高齢者の転倒事故が年々増えております。この転倒事故もちょっとした路面の凹凸や足腰の筋力低下等が原因でつまずきバランスを崩し転倒、結果大腿骨骨折等の大ケガに至っております。このような事故をなくす為にもバランコを用いてバランス感覚運動、筋力強化運動等を行う事は非常に大切です。
バランコについて
バランコは楽しみながらバランス運動を行い肉体的運動、精神的運動又知覚的運動を行うことにより身体のバランス機能を改善し健康を維持、強化する目的で作られた機器です。
バランコは特にバランス感覚や健康の強化に適しており、リハビリテーション分野及びスポーツ・トレーニング(特にスノーボーデング、サーフィング、セーリング、スキーや体操等の訓練)、高齢者の運動遊具(転倒防止の訓練)、幼児発達遊具、レクリェーション(保育、学校、介護老人保健施設、デイケア施設)等さまざまな分野目的に使用できます。
このバランコを使用する事により、バランス感覚、集中力、反射スピード及び一般的動作の強化に役立て日常起こりうる事故からの危険回避に役立ちます。 
2種類のバランコセット
バランコ マウスセットは本体ベースと本体に取付けられているマウスゲーム(黄色)プレート、他に2種類のプレート、8の字プレート(青色)、迷路プレート(赤色)、から成ります。このセットには木製のマウスと硬質ゴム製ボールが、それぞれ1個ずつ含まれます。これらは黄色のマウスゲームプレートに入っています。木製のマウスはマウスプレートと共に使用し、硬質ボールは8の字プレートと迷路プレートの両方に使用します。また立位バランス支持用のロングストラップが1対付属しています。
本体仕様: 約54cm(長さ)×40cm(幅)×10cm(高さ)
重  量: 2kg

バランコ バスケットボールセットは本体ベースと本体に取付けられているバスケットボール(緑色)プレート、他に2種類のプレート、8の字プレート(青色)と迷路プレート(赤色)から成ります。このセットには3個の硬質ゴム製ボールが緑色バスケットボールプレートに入っています。これら3個のボールはバスケットボールプレートと共に使用します。8の字プレートと迷路プレートの使用においてはボール1個のみ使います。また立位バランス支持用のロングストラップが1対付属しています。
本体仕様: 約54cm(長さ)×40cm(幅)×10cm(高さ)
重  量: 2kg

プレートの交換
プレートの交換は簡単に行えます。本体の底にある黒色のピンを回転しプラスチック製カバーを持ち上げて外します(ピンはプラスチック製カバーに装着されており無くす事はありません)。 既存のプレートを取外し、交換するプレートを取付けます。その際、必要なボールあるいはマウスをセットして下さい。プラスチック製カバーを取付け、ピンを回転セットして交換完了です。

使用上の重要注意事項
バランコは安全且つ容易な使用ができる様、設計されています。しかし、不適切な使用や床面の悪い所での使用は本体がすべり使用者がケガをする原因となります。特に立位バランス訓練の際の使用に当たっては下記の点に十分注意して使用して下さい。

  • 水平な床面で使用して下さい。
  • タイル張りや木製床等滑りやすい面の場所では決して使用しないで下さい。
  • 滑らかな表面上での滑りを防ぐ為2cm以上の厚みがある、滑りにくい素材のフォームマット、体操用マットあるいはカーペット等を敷いて使用して下さい。
  • 使用に際しては、常に滑りにくい床面で行う事に留意して下さい。
  • 十分にスペースのある場所で使用して下さい。ケガをする可能性のある壁面、柱の角、障害物等からは十分離れた場所で使用して下さい。
  • 初めての使用に際しては介助者のもとで使用して下さい。信頼のおける介助者・パートナーにお願いして下さい。
  • 激しい肉体運動の後もしくは疲労,痛みや心因性問題を患っている時には使用しないで下さい。この様な状況下では、バランス改善の減少を引き起こし有効性は低下し、又事故の大きな原因となります。
  • 出来れば、裸足での使用をお勧め致します。不可能な場合は、柔らかく軽くまた必ず滑りにくい素材の底を使用した靴を履いて使用して下さい。
  • 裸足での使用が十分なバランス感覚を得る点において最適です。足や体の動きの感覚がじかに伝わりバランコ上での最大のコントロール効果を引き出します。

重要事項:赤、青、緑、黄色のプレートのいずれかを必ず挿入し使用して下さい。プレートなしで使用した場合、上面のプラスチック製カバーが破損します。バランコの上で飛び跳ねたりしないで下さい。
最大許容重量:120kg 

 


バランコの使用例
  1. バランコを前に置き膝まずく運動
    バランコを前に置き膝まずき、両手の手のひらをバランコの左右の端に置きます。 その状態で上半身を動かしボールもしくはマウスを目的の位置まであるいは溝に沿って動かします。
  2. 膝(もしくは丸椅子)にバランコを乗せ座位の姿勢を取る
    椅子あるいは丸椅子(背もたれの無い物がより良い又有る場合にはもたれない様にする)に座ります。バランコの左右を指で握り上半身をリラックさせます。
    バランコは片方の膝の上に置き、その状態で主に腕を使いボールあるいはマウスを目的の位置まであるいは溝にそって動かします。
  3. 立位でバランコを持った姿勢
    リラックスして立ち肩の高さまでバランコを上げます。その状態で主に腕を使いボールあるいはマウスを動かし目的の位置まで移動させるか溝にそって動かします。その際、腕はまっすぐに伸ばしてバランコを保持して下さい。特定の筋肉のトレーニングに効果があります。
  4. バランコ上での平衡運動
    床にバランコを置きます(カーペット、体操マットあるいは厚みのあるフォームマットを敷いて下さい)。 注意深く片足をバランコの一方の端に乗せます。バランコは傾きますが足を乗せた方へ全体重をかけ、もう一方の足を持ち上がったバランコの端に乗せます。 バランコが水平になる様、体のバランスを取り、バランコの両端が床に触れてない状態を作ります。バランコ上で体を直立に保つ様バランスを取ります。リラックスし落ちない様、維持して下さい。また、バランコの両端にバスタオル・砂袋等を入れ込みバランコの傾きを調整する事で、高齢者や幼児でも優しく平衡運動を行う事ができます。
    以上のように「膝まずいて、座位で、立位で、バランコの上で」の使用がバランコの基本形です。上記の基本形を十分理解また会得した上でより高度の運動をはじめる様にして下さい。また独自の創作で使用者のレベルに適した新しい運動方法を考案して下さい。

ストラップの使用
ストラップはバランコ上での立位訓練に使用します。ストラップはバランコの両端にある溝に引っ掛け簡単に取付ける事ができます。取外しも簡単です。ストラップは高強度の繊維生地で作られており人体工学に基づいたハンドルが装備されています。長さは自在に調節できます。このストラップは平衡感覚の不安定な人に、より安全な使用又動作のコントロールができる様に設計されております。
ロングタイプ(本体付属):50−87cm範囲の長さ調節が可能です。
ショートタイプ(オプション):38−68cm範囲の長さ調節が可能です。